本気の司法試験・予備試験受験生を徹底サポートします!

司法試験に対するビジネス的考察

  • HOME »
  • 司法試験に対するビジネス的考察

 

「司法試験合格は事業を成功させることに等しい」

<1.司法試験の難しさ> 

「旧司法試験時代よりも受かりやすくなった」と言われています。

司法試験は「相対評価」であることから当時の受験生の人数・質の観点からすれば、その通りなのかもしれません。

もっとも「試験」の中身自体は、旧司法試験時代よりも新司法試験の方が遥かに難易度が増したと言われています。

すなわち、「長文読解力、事案の処理能力・評価力」など「実務的な色彩」が濃くなり、従来の美しい論証を

正確に答案に反映させれば合格という姿勢は通用しなくなりました。

 

<2.受験生の実情> 

一部の難関一貫校では大学受験がないことから高校3年生、早ければ高校1年生から予備試験対策を

始めると聞いています。

或いは、大学入学当初から司法試験予備校で徹底的に試験対策をし、東大・京大・一橋・早慶中では

在学中に予備試験・司法試験に合格する短期合格者がいます。

他方、受験歴25年・15年、三振・五振、ロースクール再入学の方も少なくありません。

また職種も警備、IT、税理士、行政書士、司法書士と多様です。

 

<3.合・不合格の境目> 

「択一に合格できない」「論文に合格できない」

受験生の悩みは様々です。

受験生は勤勉な方が多く、受験歴が増えるほど知識も当然増えていきます。

しかし、現在の司法試験は知識の量ではなく、その「使い方」がより重要視されています。

実務的な色彩が強い試験である以上、それは「条文と判例」を用いた「ロールプレイ」と言えるでしょう。

「事案を条文を使って処理し、具体的な対応策を依頼人に提示する」ことができるか。

まさに「法曹」実務家に要求されている「力」そのものです。

ましてや、人の記憶力というのは曖昧です。

年齢を重ね、知識が増えるほど「不正確・不明瞭」なものになります。

そのような膨大な不正確な知識よりも「最低限・正確」な知識を柔軟に「使いこなせる」

若い受験生が有利なのは言うまでもありません

 

<4.戦略・戦術視点の重要性>


どのような試験でも短期に結果を出せる方は「ゴール」からの逆算が非常に得意です。

すなわち、

「過去問を分析」→「出題範囲の分析」→「使用教材の選定」→「試験日までの学習時間の算出」

→「時間と費用の算定」→「インプットとアウトプットの反復」→「上記の修正と検証」→「最終合格」

他方、20年以上のベテランで合格できない方の多くが

「参考書・基本書を読む」→「予備校講義を受ける」→「論証の丸暗記」→「中間設定をせずに闇雲に学習する」

→「模試を受ける」→「出来なかったところの暗記」→「来年以降の受験のエンドレス」

事業も

「事業目的という大方針である戦略を定め→市場調査→具体的な売上予測、固定費・変動費の割り出し、

広告宣伝費の検討→費用対効果・波及効果の検討→有用なSNSの選択と活用→以降、「仮説と検証」を

繰り返して事業を成功させます。

成功できない方は「ミクロな視点」で闇雲に「ビジネス、商売」をしようとします。

 

<5.軍師・参謀の重要性>

上記のような「ゴールまでのロードマップ」を的確に描ける方は少数です。

だからこそ、企業経営者・実業家は「軍師」を求めています。

「大局を見通し、今何を優先的になすべきなのかを考えて答えを示せる人物です。」

司法試験においても受験生一人ひとりの「個性・能力・経済事情」は異なります。

それを的確に把握したうえで「司法試験合格という戦略的視点」に立ち、

「教材、講義という個別の戦術」を構築していく必要があります。

 

<6.司法試験コンサル> 

弊社では上記の観点から、通常の司法試験講師は募集をしておりません。

「教育的・カウンセリング的」能力が高く、丁寧に合格まで導いていく「実業家タイプ」の講師を求めているからです。

ビジネスができる「弁護士」の育成にも携わり、「真に日本をグローバルな観点から支えていくことができるエリート」の養成を目標にしております。

そのためには、まずは「司法試験合格」という事業に成功して頂かなければなりません。

 

<7.次世代型の弁護士像> 

国内外を問わず「ビジネス」そのものに「正面から切り込み」、そこから派生する法律・財務・税務・労務問題を行政書士、司法書士、税理士などの他士業と積極的に連携していく「リーダーシップが取れる弁護士」が必要です。

たとえば、M&Aなどの事業承継では他の専門家を「上手に取りまとめられる存在」が不可欠です。

それは司法試験という日本最難関試験で鍛えられた「弁護士」こそが相応しいはずです。

「心技体」を兼ね備え、優れたコミュニケーション能力を持つ存在が、まさに「次世代型」です。

 

<8.本気の受験生>

弊社では、本気で法曹になりたいという「熱いマインド」を持つ方なら喜んで受験相談にお乗りします。 

お問い合わせはこちらから TEL 050-3825-2407 9:00~18:00(土日祝も受付)

PAGETOP
Copyright © 株式会社サンライズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.