本気の司法試験・予備試験受験生を徹底サポートします!

考え抜かれた指導方針

  • HOME »
  • 考え抜かれた指導方針

カウンセリングの徹底

弊社では、生徒様のお話に耳を傾ける「傾聴」を徹底しております。

依頼人、相手の話を遮る、聞くことが出来ない法曹や指導者は少なくありません。

しかし、「相互に綿密なコミュニケーション」を取れるからこそ、短期間でも効果的な学習の成果が現れます。

また、経済・時間・家庭事情など、人よりも多くの悩みを抱えた受験生のお話しにしっかり耳を傾けることにより「精神的な安定」に繋がり、より一層日頃の学習に集中することができるのです。

何より法曹を志す方は依頼人の話を真剣に聴き、解決策を導く「カウンセリング」能力を徹底して鍛えなければなりません。

「褒めて伸ばす」

 

弊社の指導方針は、いわゆる「スパルタ」ではございません

生徒様の「間違い、理解不足、学習目標の不達成」があったとしても、それを「上から目線の否定」は一切行っておりません

お一人おひとりの事情・理解度に寄り添って「褒めて」、その理解を伸ばすことを徹底しております。

大人、お子様を問わず、人は「否定」されればやる気を無くし、反対に「褒められ」れば頑張る気になるのです。

主任講師は東洋大学社会人講座を担当し、大学生のカウンセリングにも多く携わり、「やる気」を伸ばす教育手法を習得してきた指導のベテランです。

他の講師にも「カウンセリング的教育手法」の習得を徹底しております。

生徒様には安心して弊社個別指導サービスをご利用頂いております。

学習の進め方

(1)弊社では、生徒様の使用されている基本書、予備校本、教材を優先的にご利用頂いております。

また、各予備校の答練は基本的に推奨しておりません。

多くの問題が過去の焼き回し問題であり、その割には非常に高額で生徒様の経済的なご負担が大きいからです。

それよりも司法試験・予備試験過去問を徹底的に理解・使いこなせることが最優先です。

(2)司法試験・予備試験だけではなく、法学部・法科大学院の「授業・定期試験」の指導にも柔軟に対応しております。

その際にも、国家試験の観点からの助言を忘れておりません。

(3)進捗・理解の状況に応じて、弊社では行政書士試験等の他の国家試験の活用も推奨しております。

「憲法・行政法・民法・商法」と司法試験・予備試験と出題範囲が重なっており、実力を付けるには格好の素材だからです。

質問の迅速・柔軟化

弊社では、Line、メールによる学習のご質問を受け付けております。

学習をしていると「急に悩み」が生じるものです。

その時にヒントを知りたいのが真剣な受験生様です。

他の団体の個別指導ではそのような「質問を受け付けていないばかりか、回数制限」、「質問ごとの課金制度」により、気軽にご質問が出来ないのが現実です。

弊社ではそのような制限はなく、講師と生徒様の「信頼関係」を軸として適宜ご相談に乗っております

また、日頃の皆様の学習のモチベーション管理の一環として、講師から「激励・進捗状況」のメッセージを定期的に送っております

教授、先生、同級生などには相談できないことも気軽に講師にご一報ください。

懇談の場

受験時代は長く険しいものです。

社会からの「疎外感・孤立感」を抱く方も少なくありません。

弊社ではご希望の方には「食事会・飲み会」のご案内も適宜しております

単なる受験指導を超えた信頼関係を構築し、合格後を見据えた業務提携も視野に入れたお付き合いに力を入れております。

講師、他士業、受験生、実業家など、美味しい食事・お酒を楽しむことが出来たらと考えております。

アットホーム」な指導が弊社の強みです

他にも

上記以外にも、何か疑問点などがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

丁寧にご対応をさせて頂いております。

お問い合わせはこちらから TEL 050-3825-2407 9:00~18:00(土日祝も受付)

PAGETOP
Copyright © 株式会社サンライズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.